2018

11.17.Sat - 12.02.Sun

西脇一弘 イラスト展

昨年に引き続き、今年も「西脇一弘 イラスト展」を開催いたします。

期間中には、sakanaによるライブやトークイベントも予定しております。
▷ヒバリ人類学@ヒバリ照ラス
11月30日(金) 19:30〜21:00
『うしろめたさの人類学』の著者でもある文化人類学者の松村圭一郎さんとの対談トークイベント。ゲストに西脇一弘さんをお迎えします。
▷sakana演奏会@城下公会堂
12月2日(日)
sakanaのおふたりによる個展のクロージングライブです。

 

▷▷西脇一弘 Kazuhiro Nishiwaki
1984年頃から絵を描き始め1987年に初個展。以降、毎年2~3回の個展をコンスタントに行っています。

絵を描き始める少し前、1983年からsakanaと云う名前のバンドで音楽活動を始め、現在までコンスタントに活動を続けています。もともとは音楽をやり始めたのですが途中から絵も平行して描くようになったと云った方がよいかもしれません。sakanaは何度かの編成変更がありましたが、現在はPOCOPEN(ボーカル、ギター)と西脇一弘(ギター)の二人組となっています。今までに14枚のCDアルバムを発表。

 

西脇一弘→http://kazuhironishiwaki.jp/
sakana→http://sakanarecords.jp/

event |

GALLERY |

update 2018.10.29