EVENTS

2017

06.26.Mon - 06.26.Mon

Dictionary展覧会記念講演会

Freepaper dictionaryの展覧会に合わせて、かつて倉敷でレコードと洋服を販売していた「ルートファイブ」の3名がヒバリ照ラスに集い、当時のアレコレをお話するそうです。懐かしくてたまらない人もそうでない人も是非。

入場無料(要1drink)

 

▲▽▲▽元・ルートファイブの3人はこちら▲▽▲▽

□森山幸治
元ルートファイブ代表。

現岡山中央中学校PTA会長、そしてDJ議員


かつての倉敷市には「ルート5」という洋服とレコードを販売するお店がありました。ということを、今回のdictionary展覧会にて思い出しましたので、私、森山と元スタッフの石川君とヒロポンと三人で20年前振りにあれこれ話をしようということになり、急遽、決行することになりました。
そうですね、あれから20年経ちましたか…。参加の皆さんは良かったらCD、レコード持ち寄って下さい。なにも考えていませんが、なんとかなるのではと思っております。

 

□石川昌浩□
1975年東京生まれ。

大学2年の時に森山幸治と共に「ROUTE FIVE」立ち上げに参加。現在「石川硝子工藝舎」主宰。


濃縮還元だった数年間ですが脳の隅っこの奥の方にあるので「あ~そうだった。」と合いの手担当で参加いたします。

 

□ヒロポン□
元ルートファイブスタッフ。
現城下公会堂のライブ担当スタッフ。
大のエビフライ好き。



「あの時があったから今がある」そう思うと本当にとても貴重な経験、大切な物をたくさんもらいました。
久しぶりに3人集まっての初めてのトークイベント楽しみです。どんな夜になるだろう?笑。

TALK |

update 2017.06.20

2017

06.27.Tue - 06.27.Tue

藤本隆美個展クロージング演奏会

藤本隆美「Collageする」のクロージングにあたり、藤本隆美演奏会をおこないます。創作活動の傍らで、20代からベース・コントラバスの演奏もおこなっていた藤本さんのフリージャズ演奏と岩本象一さんの打楽器演奏をお楽しみください。

 

日時:6月27日(火)
19時開場19時30分開演

 

□入場無料(要1DRINKオーダー)

 

ライブ 藤本隆美(コントラバス・ベース)
岩本象一(パーカッション)

 

トーク 松田圭一(灯心会)
森山幸治(中央中学校PTA会長)

LIVE |

update 2017.06.16

2017

07.16.Sun - 07.16.Sun

closing live Lanternamuzica

音楽家トウヤマタケオとnakabanのユニット「ランテルナムジカ」の公演ヒバリ照ラスにて行います。


“lanterna magica”で”幻燈”の意味。
幻燈に音楽がくわわると”lanterna musica”。
東欧をひと匙 “lanternamuzica”。
http://lanternamuzica.blogspot.jp




トウヤマタケオ
音楽家。1965年兵庫県西宮市生まれ。尾道市在住。作曲 ピアノ 声 諧謔 郷愁 D.I.Y.
ピアノ弾き語りの他、チェリスト徳澤青弦とのデュオ “Throwing a Spoon”、8ビート偏愛バンド ”PATO LOL MAN”、画家nakabanとの旅する幻燈楽団 ”ランテルナムジカ” など活動は多岐に渡る。岡山市の旧 内山下小学校で開催される”マチノブンカサイ”には、市民参加の”ハイコー楽団”を結成し、例年出演している。




nakaban
画家。広島県在住。ランテルナムジカの映像係。
旅と記憶を主題に描くタブローのほか、挿絵や絵本、文章、漫画、映像など幅広く発表。
新潮社「とんぼの本」のロゴマークほか仕事多数。http://www.nakaban.com/


photograh by Ryo Mitamura

LIVE |

update 2017.06.13

2017

06.30.Fri - 07.17.Mon

nakaban expo “still life 2017”

画家nakabanの近作展覧会を開催いたします。静物画を中心とした油彩作品が並びます。岡山では初の個展となります。

会期中には音楽家トウヤマタケオとnakabanのユニット「ランテルナムジカ」の公演もあります。

場所:ヒバリ照ラス
700-0822 岡山市北区表町2-7-15 表町商店街内
会期:6月30日(金)〜7/17(月)  open11:00〜23:00

nakaban
画家。広島県在住。ランテルナムジカの映像係。
旅と記憶を主題に描くタブローのほか、挿絵や絵本、文章、漫画、映像など幅広く発表。
新潮社「とんぼの本」のロゴマークほか仕事多数。

http://www.nakaban.com/

GALLERY |

update 2017.06.13

2017

07.07.Fri - 07.07.Fri

ホホホ座の出張販売&トークイベント

京都浄土寺にある本屋・ホホホ座がヒバリ照ラスへやってきます。

昼はホホホ座が持参した本、古本、雑貨、CDなどの店頭販売、夜はホホホ座の山下賢二さんと松本伸哉さんのお二人によるトークイベントを開催いたします。

11:00~18:00
持参した本、古本、雑貨、CDなどをホホホ座が店頭販売

20:00~22:15(途中休憩15分あり)
ホホホ座によるトークイベント
「自分で作って、自分で売って、誰かに買ってもらうために in 岡山」
誰もが、手軽に考えを世界に発信できる時代。それはいわば自分発のオリジナル商品
を世に送り出せるという時代でもあります。でも、どうやって? どこで売ればいいのか?
そして、発想や企画はどこに着目すればいいのか? そんなことを一緒に考えます。

 

料金:予約1,000円/当日1,500円(共に要1drink
時間:開場19:30/スタート20:00

□□予約・問い合わせについて□□
ヒバリ照ラス
email:info@hibari-t.com
電話:086-230-2833
※ご予約の際は、お名前、人数、連絡先をお知らせください。

***********************

山下賢二

(やました・けんじ)1972年京都生まれ。21歳の頃、友達と写真雑誌「ハイキーン」を創刊。その後、出版社の雑誌編集部勤務、古本屋店長、新刊書店勤務などを経て、2004年に「ガケ書房」をオープン。2015年「ガケ書房」を移転・改名し「ホホホ座」をオープン。著書に『ガケ書房の頃』(夏葉社)、『シティボーイは田舎モノの合言葉』(のほほん製作所)など。

松本伸哉
(まつもと・しんや)1967年生。舞鶴市出身。映像制作会社、レンタルビデオ屋店長、大型CD・レコードショップ店長を経て、90年代に愛媛と京都で中古レコード屋を経営のち、映画のセールス、制作などを手掛け、2011年に京都浄土寺にて古本、雑貨の店コトバヨネットを開店。編集企画グループホホホ座をガケ書房山下らと立ち上げる。2015年には店名もホホホ座に改名。

ホホホ座は編集企画グループだが、現在、さまざまな業種(お菓子屋、ライブスペース、休憩所など)の店舗が全国に6つある。編集した本には、『わたしがカフェをはじめた日。』(小学館)、『かんしゃになろうよ。こころで、』、『焙煎家案内帖(京都編①)』などがある。

****************************

TALK |

update 2017.06.12